【退職110番】会社辞めたい疲れた・もう無理仕事と思ったら退職代行に相談

スポンサーリンク
本ページはプロモーションが含まれています。
本ページはプロモーションが含まれています。
【退職110番】会社辞めたい疲れた・もう無理仕事と思ったら退職代行に相談 退職

・パワハラ・セクハラで精神的にもうつらい…
・早く仕事辞めたいけど上司が怖くてなかなか言い出しづらい…

会社辞めたい疲れた、もう無理仕事と思ったら退職代行サービスに相談するのがおすすめです。

この記事では、労働問題専門の弁護士法人が運営する退職代行サービス「退職110番」の基本情報や特徴、メリット、よくある質問をご紹介します。

退職110番は、弁護士法人が運営しているため、リスクと確実性において安心・確実に利用でき、より有利な条件で退職を進めることができます。

結論から言えば、退職の意志が固く、すぐに退職代行を実行して欲しい人返金保証制度があると安心できる人は、退職110番がおすすめです。

\残業代の未払い金や慰謝料請求などにも対応/
弁護士法人が運営する退職代行サービス

関連記事はこちら➤退職代行サービスおすすめランキング!

 

退職110番の基本情報

退職110番の概要はこちらです。

運営元弁護士法人あおば
対応エリア全国
料金43,800円(税込)
返金保証あり
相談方法電話・メール
支払方法クレジットカード

退職110番の特徴

ここでは、退職110番の特徴である

  • 弁護士法人対応で確実な退職
  • 面談不要で即日対応!出社しなくても大丈夫
  • 書類の手続きもおまかせ
  • 未払い金請求や慰謝料請求なども対応

の4つについて解説していきます。

特徴①:弁護士対応で確実な退職

弁護士は法律のプロ。他の代行業者と違って、会社側の不当な退職拒否を弁護士が法的に退け、確実な退職に結びつけることが可能です。

特徴②:面談不要で即日対応!出社しなくても大丈夫

退職110番は、面談なしで対応可能。正式な申し込み当日からサポートが始まります。

メールのやり取りだけで、退職手続きが進められます。

まっさん
まっさん

有給休暇を使ったり、欠勤にすることで、出社せずに退職できるケースも多くありますよ!

特徴③:書類の手続きもおまかせ

弁護士法人だから、離職票の取得や会社が必要とする書類の手配など、すべてを代行してくれます。

※書類の記入や捺印など、一部の手続きはあなた自身が対応することもありますが、安心してください。

特徴④:未払い金請求や慰謝料請求なども対応

残業代が支払われていないケースや、セクハラやパワハラによる精神的なダメージを受けた場合など、さまざまな状況で未払い金請求や慰謝料請求などにも対応してくれます。
※弁護士法人受任。別途費用が発生します。

\残業代の未払い金や慰謝料請求などにも対応/
弁護士法人が運営する退職代行サービス

 

退職110番のメリット

退職110番のメリットには、以下のようなものがあります。

  • 全額返金制度
  • 秘密厳守!面談不要
  • 全国対応!どこからでも申し込み可能
  • 会社とのやり取り不要

それぞれ解説していきます。

メリット①:全額返金制度

万が一、退職が成功しなかった場合、支払った料金は全額返金されます。

メリット②:秘密厳守!面談不要

個人情報や退職代行の申し込み内容は、弁護士法に基づく守秘義務のもと、厳格に秘密が守られます。

弁護士とのやり取りは電子媒体を通じて行われ、直接の面談が不要で、プライバシーを守りながらスムーズに対応してくれます。

メリット③:全国対応!どこからでも申し込み可能

日本全国どこにお勤めでも利用できます。全国対応型のサービスなので、場所に制約されず、いつでもどこからでも申し込みが可能です。

メリット④:会社とのやり取り不要

退職110番に依頼後、基本的には勤務先とのやり取りは不要です。

すべての交渉や手続きを退職110番が代行してくれます。

まっさん
まっさん

安心して退職のプロセスを任せることができますね!

 

退職110番の料金

退職110番の利用料金はこちらです。

  • 退職代行費用:一律税込み43,800円(内容証明郵便含む)
    万が一、「退職する」という希望に添えなかった場合は、入金いただいた料金を全額返金。
  • オプション費用:残業や給与の未払い金請求、退職金請求、ハラスメントによる慰謝料、労働災害保険の申請など、通常の退職代行内容とは異なる「金銭が絡む請求」については、契約費用とは別に成功報酬が発生。また、会社からの損害賠償への対応や借入金返済の交渉など、各種交渉業務に関しても、別途相談。
  • 支払い方法:クレジットカード(VISA、JCB、MASTER、AMEX)

 

退職110番のサービス利用3STEP

ここでは、退職110番の利用手順について解説していきます。

STEP1. 申し込み・支払い

申込みと同時に、代行費用を支払い。(クレジット決済)

STEP2. 退職準備

案内に沿って、必要書類(給与明細などの会社在籍の証明書等)をデータ提出。
※代行内容によっては、最終打合せが必要となる場合もあります。

STEP3. 実行・退職

弁護士による退職代行を実行。退職確定まであとは待つのみ。
※勤務先に弁護士名義の退職通知を送り、以下を伴う退職代行を行ないます。
・貸与品の返却や引き継ぎ、退寮などの退職に際しての事務手続き手配
・有給休暇の消化申請、離職票の郵送手配

 

退職110番のよくある質問

退職110番のよくある質問、

  • どのような雇用形態が対象となりますか?
  • 会社の就業規則と民法の記載ではどちらが優先されますか?
  • 弁護士が行う退職代行サービスと、民間の退職代行会社が行うサービスとで違う点は何ですか?

の3つについて解説していきます。

Q1.どのような雇用形態が対象となりますか?

A.正社員、契約社員、派遣社員、パート・アルバイトが対象です。業務委託、業務請負は対象外となります。

Q2.会社の就業規則と民法の記載ではどちらが優先されますか?

A.会社就業規則の効力はあくまで「会社内」で適応されるルールですので、民法の効力が優先されます。例えば、会社と無期雇用契約を結んでいる場合に、「会社就業規則上30日以上前に退職意思表示をする」ことが定められていても、民法上の記載に従って「退職意思の表示後、14日が経過すれば退職することが出来る」ことが優先して適応されます。

Q3.弁護士が行う退職代行サービスと、民間の退職代行会社が行うサービスとで違う点は何ですか?

A.民間の退職代行サービスでは弁護士資格を持っていない方が実務を行うケースが散見されています。弁護士法72条では、弁護士ではない人が報酬を目的として法律の事務業務を行うことを「非弁行為」として禁止しています。退職代行を行う上で重要な「交渉」については、弁護士のみができる行為であり、資格を持っていない民間事業者が行うと、この行為自体が弁護士法違反となる危険性があります。
退職110番では弁護士が退職代行を行うことで、「交渉」も含めた対応が可能となっていますので、安心して利用することができます。

  

退職110番のまとめ

この記事では、退職代行サービス「退職110番」についてご紹介しました。

退職110番は弁護士法人が運営しているため、安心・安全・確実に会社を辞めることのできる退職代行サービスです。

「会社を辞めたいから退職代行を使いたいけど、もめごとやトラブルは起こしたくない」という方は、退職110番がおすすめです。

\残業代の未払い金や慰謝料請求などにも対応/
弁護士法人が運営する退職代行サービス
タイトルとURLをコピーしました