会社を退職する理由トップ5!仕事や会社を辞める時の理由について解説

スポンサーリンク
本ページはプロモーションが含まれています。
本ページはプロモーションが含まれています。
会社を退職する理由トップ5!仕事や会社を辞める時の理由について解説 退職

自分も仕事を辞めたい気持ちはあるけれど、他の人たちは具体的にどんな理由で仕事を辞めているんだろうか?

みんながなぜ仕事を辞めるのか、気になっています。

このような悩みを抱える方も多いでしょう。

仕事を辞めたいと思う理由はたくさんあるものの、なかなか一歩を踏み出せないこともあります。

他の人たちがなぜ会社を辞めるのかを知ることで、自分も退職に向けて前進できるかもしれません。

そこで、この記事では、会社を退職する理由トップ5、仕事や会社を辞める時の理由についてについて詳しく説明します。

 

会社を退職する理由トップ5

厚生労働省による「令和2年転職者実態調査の概況」によると、自己都合による離職理由で最も多かったのは、次の5つでした。

  1. 労働条件<賃金以外>が良くなかったから(28.2%)
  2. 満足のいく仕事内容でなかったから(26.0%)
  3. 賃金が低かったから(23.8%)
  4. 会社の将来に不安を感じたから(23.3%)
  5. 人間関係がうまくいかなかったから(23.0%)

それぞれの理由について解説します。

第1位 労働条件<賃金以外>が良くなかったから

労働条件の不満からくる理由として、例えば、以下の点が挙げられます。

週40時間を超える残業の慣習

社員にとって週40時間を超える残業が当たり前となっている現状は、労働条件に関する深刻な問題です。これが続くことで、拘束時間の増加がプライベートな時間の減少につながり、離職リスクが上昇します。

事実上の早出残業強要

早出残業が事実上強要されているという事態は、従業員にとって大きな負担となります。これが継続すると、仕事後や休日を有意義に過ごす余裕がなくなり、離職を検討するケースが生じます。

仕事による疲労蓄積

長時間の労働や過度な残業により、社員は仕事に疲れ果て、仕事後や休日を楽しむことが難しくなります。これが続けば、離職を考えざるを得ない状況が生じます。

第2位 満足のいく仕事内容でなかったから

業務に慣れてしまったり、作業が予測可能でルーティンに感じられると、仕事へのモチベーションが低下し、退職を決断してしまうことがあります。

例えば、

  • 業務が予測可能で刺激が少ない
  • 現在担当している仕事の意義が不明瞭で、自身の能力を発揮できていないと感じる
  • 仕事がスキルアップに繋がらないとの認識があり、漠然とした不安感が存在する

といった理由が挙げられます。

第3位 賃金が低かったから

会社を退職する主な理由の1つに「報酬に対する不満」が挙げられます。

  • 同業他社と比較して報酬が低い
  • 家族から給与の低さを指摘された
  • 友人や同期との比較がきっかけで収入を増やしたいと思った

これらの理由から、新たな仕事を見つけて給与を向上させるために転職を考え、最終的には離職に至るケースもあります。

労働者が実質的には強制的に早く出勤し、残業を強いられているにもかかわらず、それに対する適正な報酬が支給されていないと感じたり、仕事終了前に早めにタイムカードを打つことが当然とされる雰囲気も、給与に対する不満として離職の原因となります。

第4位 会社の将来に不安を感じたから

会社の将来に対する見通しが不透明で、存続が不確かであると、安心感を求めて転職を検討してしまうものです。

  • 産業の衰退や将来の成長の見通しが不透明で、キャリアの発展が難しいと感じている。
  • 会社の業績が低調で、将来的な回復が期待できないことから、安定性を求めて他の職場を検討している。
  • 定年後の状況が明確でなく、会社の方針が不透明であることから、将来の職場選択を含めて他の選択肢を模索している。

例えば、このような理由から退職に至ってしまいます。

第5位 人間関係がうまくいかなかったから

上司や同僚、部下との関係が悪化すると、離職を検討する可能性が高まります。

以下はその具体的な要因です。

人の悪口や陰口が慢性化している場合

チーム内での悪口や陰口が絶え間なく行われていると、コミュニケーションが困難になり、離職への傾向が高まります。

別の部署に責任を押しつける場合

責任の所在が不明確であり、部署間で責任転嫁が行われると、スムーズな業務遂行が難しくなり、離職のリスクが上がります。

ハラスメントを受けている場合

ハラスメントが発生すると、ストレスが増大し、離職への意欲が高まります。

愚痴を言うことがストレス発散やチームの一体感を高める手段である一方で、「常に悪口が飛び交っている」「部署間で責任の押し付け合いが横行している」といった状況は、コミュニケーションを損ね、離職の原因になります。

 

会社を退職する時に役立つ伝え方

悩んでいるけれど、仕事を辞める勇気が出せないときは、以下の方法を試してみることがおすすめです。

1. 直属の上司に「相談がある」と話をする

仕事を辞めるのに勇気が出ず一歩踏み出せない場合、まずは直属の上司に「相談がある」と伝えましょう。

上司はあなたの仕事に関わる重要な存在であり、退職理由に対して理解やサポートをしてくれる可能性があります。

2. 退職の2ヶ月前には伝える

退職を考えている場合、できるだけ早めに伝えることが重要です。

一般的に、退職の2ヶ月前には上司や人事部などに退職の意思を伝えることが望ましいとされています。

余裕を持ったスケジュールを意識することで、円満な退職がしやすくなります。

3. 繁忙期は避ける

仕事を辞めたいけど伝えられない場合は、繁忙期を避けるのも手段のひとつです。

繁忙期は、業務がピークを迎えている時期なので、退職届を提出しても後回しにされるケースが多くなります。

円満退職を目指すのであれば、会社の状況も考えた上で適切な時期を選びましょう。

4. 辞められないなら退職代行も検討する

会社を辞めたいけど言えない場合は、退職代行を利用するのも手段のひとつです。

退職代行は、自分の代わりに退職手続きを進めてもらうサービスで、書類の作成や提出、手続きなどを代行してくれます。

しかし、円満退職を目指す場合は、直接伝えることも忘れずに考えましょう。

 

会社を退職する理由のまとめ

この記事では、会社を退職する理由をランキング形式で紹介しました。

他の人がなぜ退職を決断するのか、その理由が理解できたことでしょう。

さらに、会社を退職する時に役立つ伝え方についても解説しました。

「こんな理由で仕事を辞めてもいいのかな?」と考える方もいるでしょうが、仕事を辞める理由は人それぞれ異なり、他者と比較する必要はありません。

あなたが仕事を辞めるべきと感じるときが、その仕事を辞めるタイミングです。

自分が納得できるなら、勇気を出して辞めるべきです。

ただし、転職先を見つけたうえでの辞職なのか、即座に辞めるのか、慎重に考えてから決断することが重要です。

タイトルとURLをコピーしました