【退職代行】月曜日、雨の日、長期連休明けに依頼が急増する理由

スポンサーリンク
本ページはプロモーションが含まれています。
本ページはプロモーションが含まれています。
【退職代行】月曜日、雨の日、長期連休明けに依頼が急増する理由 退職

この記事では、特定の日に退職代行の依頼件数が急増する理由についてお話しします。

退職代行の依頼が増えるタイミングには共通点があり、その背景には深い理由があります。

ぜひ参考にしてください。

関連記事➤退職代行おすすめ

  

退職代行の依頼が急増するタイミング

「退職代行モームリ」によると、特に以下の3つの日に依頼件数が跳ね上がるそうです。

  • 月曜日
  • 雨の日
  • 長期連休明け

では、なぜこれらの日に退職代行の依頼が増えるのでしょうか?

それぞれの理由を詳しく見ていきましょう。

   

月曜日

月曜日は、週の始まりであり、多くの人にとって最も憂鬱な日です。

週末のリラックスから一転し、再び仕事に戻ることで、仕事に対するストレスや不満が一気に表面化します。

その結果、「もうこの仕事を続けたくない」と強く感じることが多く、退職代行の依頼が増えるのです。

  

雨の日

雨の日は気分が沈みがちになります。

特に梅雨の時期や天候が悪い日が続くと、憂鬱な気分が増幅され、仕事に対する不満が強くなります。

雨の日に出勤するだけで心身のストレスが増し、「このままでは耐えられない」という気持ちから、退職を決意する人が多くなります。

  

長期連休明け

長期連休は、仕事から離れてリフレッシュする絶好の機会です。

しかし、連休が終わり再び職場に戻ることで、日常の厳しさが際立ちます。

休暇中に自分の人生やキャリアを見つめ直し、「この仕事は自分に合っていないのではないか」と考えることも多いでしょう。

こうした思考が、連休明けに退職代行の依頼が増える理由です。

これに加えて、特定の時期に退職を考える人が多いことも分かっています。

関連記事➤退職代行おすすめ

  

特定の時期に退職が増える理由

特に、入社後3ヵ月、1年、3年が節目となりますが、最近では新入社員でも1ヵ月で退職するケースが少なくありません。

さらに、よく知られるのは5月と6月です。

入社後3ヵ月、1年、3年

  • 3ヵ月: 仕事の具体的な内容や職場環境に慣れてくる一方で、現実とのギャップやストレスが顕在化する時期です。
  • 1年: 一通りの業務を経験し、自分の成長や将来について深く考え始める時期です。
  • 3年: キャリアの次のステップを考え始める節目となります。

  

新入社員の1ヵ月

新しい環境に適応することが難しく、初期の段階で「思っていたのと違う」と感じることが多いです。

 

5月と6月

  • 5月: 新しい年度の始まりから1ヶ月が経過し、5月病とも言われるように、やる気の低下や疲労感がピークに達する時期です。
  • 6月: 入社後3ヵ月目に当たり、新入社員が環境に対する適応の限界を感じる時期です。

関連記事➤退職代行おすすめ

 

仕事が怖いときに退職を検討すべき3つのケース

憂鬱が深刻なものになり、仕事が怖くてたまらないと感じる場合は、退職を検討するべきかもしれません。

ここでは、退職を真剣に考えるべき3つのケースをご紹介します。

1. 精神的・身体的健康に悪影響が出ている場合

もし休み明けに職場に戻ることが強い不安やストレスを引き起こし、以下のような健康問題が現れる場合は、退職を検討するべきです。

  • 不眠症や過剰な睡眠: 夜眠れない、あるいは過度に眠ってしまう。
  • 食欲不振や過食: 食欲がなくなる、または過食する。
  • 頭痛や胃痛: 慢性的な頭痛や胃痛が続く。
  • パニック発作や鬱症状: 心拍数が急上昇する、極度の落ち込みや無力感を感じる。

これらの症状が続く場合、心身の健康を最優先に考え、退職を選択肢に入れることが重要です。

  

2. 職場でのハラスメントが改善されない場合

職場でのハラスメント(パワハラ、セクハラ、いじめなど)が原因で仕事が怖くなっている場合、以下のような状況があれば退職を検討すべきです。

  • ハラスメントが継続している: 問題を報告しても改善されない、あるいは悪化している。
  • 会社の対応が不十分: 会社が問題を真剣に受け止めず、適切な対策を講じていない。
  • ハラスメントの影響で仕事ができない: 精神的な負担が大きすぎて、仕事のパフォーマンスに大きな影響が出ている。

このような状況では、自分の尊厳と安全を守るために退職を考えることが必要です。

  

3. キャリアの方向性に大きな疑問を感じる場合

お休み中に自分のキャリアを見つめ直し、現在の仕事が自分の目標や価値観に合っていないと感じた場合も、退職を考えるタイミングです。

  • 仕事に対する情熱が失われている: 仕事に対して全くやる気が起きず、興味を持てない。
  • 成長の見込みがない: 現在の職場では自分が成長できない、スキルを活かせないと感じる。
  • 将来のビジョンが見えない: このまま続けても自分の理想とするキャリアや生活が実現できないと確信している。

自分のキャリアに対する大きな疑問や不安を感じた場合、新たな道を模索するために退職を検討する価値があります。

関連記事➤退職代行おすすめ

  

まとめ

この記事では、特定の日に退職代行の依頼件数が急増する理由についてご紹介しました。

月曜日・雨の日・長期連休明けの3つの日には、特に退職代行の依頼が跳ね上がるそうです。

連休明けの仕事が怖くてたまらないと感じる場合、

特に、精神的・身体的健康に悪影響が出ている職場でのハラスメントが改善されないキャリアの方向性に大きな疑問を感じる、といった3つのケースでは、退職を真剣に考えるべきです。

自分の健康と幸せを最優先に考え、新しい一歩を踏み出すために必要なサポートを受けることが大切です。

もし退職を考えているなら、まずは退職代行に相談してみてください。

関連記事➤退職代行おすすめ

タイトルとURLをコピーしました